<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形

<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形

小顔にすることに顔の輪郭が非常に大きく影響を与えています。
この顎の美容整形の歴史は古く、今では一般的に行われていますが1970年代から日本では行われています。

 

身体への負担が少し前まで手術設備も十分ではないために、大きな問題となっており手術の際に行うことになる全身麻酔がその原因です。
今では多くの方が自分の理想を叶えており、ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能になってきています。

 

最近では骨きりの技術も飛躍的に向上し、あごの整形手術の際には安全性も非常に高くなってきました。
個々が望むあごの形やバランスをその結果、実現させることが出来るようになったのです。



<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形ブログ:11-6-2019

おれは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

昼も海鮮塩ラーメン2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、運動量が多かったので、
体質もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっと運動量と食事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

運動をやめたのに同じくらいの食事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

運動してる時に比べて、
腹だってそこまですいてないのに、
運動してる時と同じ感じで食事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、おれは、
今の生活に合った食事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく体質を動かすようにしました。

全く運動せず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、あさヨガをやるだけでも違いますよ!

おれは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
毎日、あさヨガをやっていました。

激しい運動ではないけれど、
全身を使い毎日続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前運動をやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
体質を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

運動が嫌いでない人なら
ダイエットだって成功しやすいはず!

少しの運動と、食事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!




ホーム サイトマップ